Fandom

Gold Ring

文化

173pages on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.

7ffece4df5992cb475b0a31589075c9a

大型タイプライターを操作するサーガル、自転車をこぐサーガル、コップを手にした男性ネウリア、小舟に乗ったアグドナなどのエルタス人

惑星タルはおおよそ地球における1900年代頃に似た環境で、銃や車、簡単なコンピューターなどが存在する他、南部などの一部住居は日本の昭和初期を思わせる作りをしている。全体的にアナログでレトロな暮らしぶりで、地域によって経済格差も大きいと思われる。年号や歴などについてはビロウス正史の項目にて記載。

テクノロジー

Pf

惑星タルの携帯電話とも言えるポータブルファックスでメールを楽しむメスのネウリアと、窓から話しかけるオスのネウリア

最新テクノロジーや極端な高技術を要するものはタリクシアン系の知的生物タリクシアン・ルーターの研究施設などごく一部にのみ存在し、公表されておらず一般市民が手に触れる機会はほぼなく大多数は存在を知らないものと思われる。

無線タイプライターもしくはポータブルファックスという携帯電話のようなものがあり、メールを受信すると下部からレシートのように出てくる。このようにインク媒体で情報が送受信されるため、一旦書いたことは消せない。都会へ行くと巨大な印刷機のような情報掲示板もある。

エネルギー事情

自動車や船の燃料としてマゴイシタの池沼帯で産出され、他の地域とは違ってゴールドリングだけ大型建築や機械技術が発達したのはこのためである。一方、東部や北部では生物由来の油脂が主なエネルギー源。

発電技術もあり、特に都市部では複数の発電所から各家屋へ送電ケーブルが伸びている。

建築物

南部では砂岩やセメントを用いた建物が多く、東部では山林など自然を生かしたもの、ネヴリャン地方では岩をくりぬいて住んでいる。

また、原生生物への対策から砦に棲んだり、都会だと市場や商店、工房などにそのまま住み込む例が多い。

トイレ事情

ゴールドリングには下水道や細菌分解式のトイレもある。それ以外の地域については穴を掘ってそこでする、トイレ代わりのツボなどがあるようだ。

貿易

ゴールドリングなどの都市では毛や着物の染料の入手のために交易が盛んになっている。
南の砂漠地帯では生物質の染料が取れないため、東部や北部の猟師達が染料の元となる動植物を取りそれを南部の住民と取引することによって生計を立てている。交易が始まる以前は南部の地では地味な染料しかなかった。

染料は需要も高く重要な交易品ではあるが、染料以外にもさまざまな生物原料が使われる。エルタス人達は打ち倒した大きな生物の骨や皮や墨袋などを余すところなく利用するため、生物資源自体が交易の中心になる。
それらと交換されるのは主にセイルザーン産の「塩」である。

畜産技術

Sergalandnevrean

貝馬に乗り、サーガルに貝ミルクを売るネウリア

原生生物における貝類の家畜を扱うブリーダー、酪農家が存在する。

畜産技術はもともと、北東部~東部で生まれ、やがて交易によって南部へと伝承したため南は交易が始まる前は染料と同じく肉類が貴重で、それまでは魚と植物がメインだった。
砂漠地帯の南部は、森がなく食糧事情に問題があったので食糧確保のため農業が発達している。
東部は自然に恵まれていたためあまり農業をする必要はなかったようだ。
極北部については、森・自然に対する敬意から動物を飼い慣らすことはない。

サーガルは自然や原生生物の気持ちを汲むセンスに長けているため、生物に関わる事に向いている。これは北方サーガル東方サーガルに顕著で、南方種はやや劣るが、畜産業に携わる者はこれがある。そのため今となっては南部にも多くのブリーダーがいる。東方サーガルは畜産・狩猟を文明化していった者達の集まりである。

乗り物

CL-XrYAUEAAZ Wl

米店のスクーター

Car

運転するヤジさんと同席するフワフワ

スクーターや自動車などの乗り物が存在する。軽飛行機の開発を試みる人々は存在するが成功はしていないようだ。

コルビロウス塩湖や各地の池沼帯では漁船や輸送船が使用される。

教育制度

主に東部では、アグドナを中心として子供を幼い時から学校ではなく猟師や職人の下に「丁稚奉公」に出すのが一般的。仕事と教育が一体化している、徒弟制度のようなものである。
一方南部では、大学校や寺子屋のようなものが存在する。これらは南部においてエルタス人が共同で子供の面倒を見ていくうちに発達した。南部の学校は言わば子供から始める職業訓練校のような存在で、授業内容は簡単な読み書きや計算、食料の取りかた育て方など。幼学校の科目としては語学、商売、理科、体育、家事。体育は多数の遊具が配置された広い校庭で数人の教師が監修する中、学童は自由に遊ぶスタイルである。

高学年になると海兵隊並みの課外授業が待っており、エルタス人がみな産まれながらにして強靭な身体能力を授かっているにも拘わらず死亡する学童もいる。原則として「学校」に通うのはエルタス人のみ。

遊びや娯楽

カードゲームやスロット、そして貝馬による競馬などのギャンブルが存在する。また地球における闘鶏のように、ネズミや虫などの生物同士を戦わせるゲームがある。

都市部ではサーガルアグドナの子供は色々な遊びを考え付いて行う。ビー玉、けんだま、けんけんぱ、メンコ、貝合わせのようなものなどの他、言葉遊びもある。所属する群れや家族、親の仕事による影響も大きい。レイン歴28年以後のゴールドリングではネウリアも混ざってくるので、複数の文化が入り混じっている。

刑法

地球のようにはっきりした法律が存在するのはゴールドリングだけで、東部(レオノ)は組合の決まりや職人・農家・漁/猟師の土地使用ルール、ネヴリャンは生活習慣のなかに取り入れられている具合で、北部はシーグ統一以前は自然と古呪術がルールになっている。

東部とシーグ統一以前の北部には明確な法律がないが、これは原生生物相手に一致団結しなければならず、人同士で争うことがほとんどないからである。また手柄を奪い合うといったこともまず起こらない。

シーグ建国後は北部にも法律が出来るが、詳しくはまだ未定。シーグ崩壊後にはまた別の法律が生まれる。

殺人の動機については殆どが金品目当て、その序にうっぷん晴らしなどで、稀に痴情のもつれなど(これは主にアグドナ)がある。タリクシアン・ルーター達はエルタス人たちの「罪」を記録していて、ある一定以上の罪を犯した者はタリクシアン・ストーカーに捕食されてもストーカーたちの罪に当たらない、という制度がある。ルーターが通常の「人権」にも該当しない特殊な立ち位置にいることには、このような権利を持っていることに由来している。また、タリクシアン・ストーカーによる捕食はエルタス人同士による殺人とは扱いが違う。

宗教

北部の地:森林や原生生物に対する畏怖に根差したアニミズム的自然信仰がある。
南部の地:ゴールドリングには「黄金の輪」という信仰がある。詳しくは該当項目内にて。
西部の地:ネヴリャンの里の集落や他の地に生きるネウリア達には独自の宗教がある。詳しくは該当項目内にて。
東部の地:様々な宗教が混在している。

飲食物

以下のカテゴリページにて個別ページで解説
ビロウスの食物と料理

通貨

現在決定している設定では、ゴールドリング周辺やレオノで使用される硬貨として「セビア(cevia)」がある。これは貝殻が材料であり、紙幣については不明。ネヴリャン地方やシーグ王国にも独自の金銭制度があるが、シーグはレイン将軍による統一前は物々交換だった。通貨には通常、貝殻や種が使われるが、緑の植物(エルタス植生)の種もまた高価なものとして扱われ、その価値は黄金の粒に匹敵する。

日常生活の習慣

都市部ではブラシのようなもので歯磨きを行う者がいる。
エルタス人の間では、歯にはさまったものをようじで取る行為は全ての地域で一般的である。
例えば北方では植物の茎などをそのまま使ったり、南部では木材加工品を使う場合もある。

挨拶

全土に共通し、怒りや、危険といった、動物的な感情を含む言葉は鳴き声で表されることがある。

本来、北部の原住民の間ではあまり目を合わせない。高い鳴き声でやりとりをし、複雑な言葉は余り存在しない。

南部においては種族間の言語の差異が殆どなく統一されている。挨拶は全て言葉で定義づけられている。こんにちは、さようなら、ありがとう、おはよう、おやすみなどに相当する言葉は一通りある。

東部には学校が無いため書き言葉は発達していないが、殆どの人は言葉を話すことが出来る。挨拶も通じると思われる。

ボディランゲージの挨拶はシーグ軍の敬礼、尾を使った感情表現など。親しい者同士は毛づくろいの交流もある。

ネヴリャンの文化は歌や踊りと密接に絡んでいて、異種族から見ると「どこまでが挨拶」なのか分からなくて混乱するようなものになっている。きらびやかな男性達のやり取りは相手側のレスポンスを待たず「乗る」事を求められるような文化であるため、一方的に感じられるかもしれない。女性は聞き手としての相槌が多く、基本的に自分から話を振らない。挨拶は基本的にされないとしない。ネウリア文化では、女性が用も無いのに声を掛けるのは失礼に当たる。

タリクシアン同士は不明なことが多いが、基本的にタリクシアン同士の場合は挨拶にあまり意味がない。タリクシアン・ストーカーなどに関しては匂いの確認などはある。文化圏にいる者はエルタスを意識してそのような行動を取る事はある。

恋愛や性愛事情

文化圏によって様々な婚姻形態がある。
多数の地域で同性愛は普遍的なものとして扱われる。ただし文化や種族によって感覚は異なる。(詳しくは各項目内で記述)

異種族同士の交際だと組み合わせによっては一般からの受け入れ度合いが変わる。
サーガルアグドナのカップルはそこまで変な目では見られず特にゴールドリングにおいてはサーガルとアグドナのカップルや家族は普遍的。
ネウリアと他エルタス人のカップルは他者から「騙されてるよ」などとと言われたりすることがある。これはネウリアは調子の良いことを言う者が多かったり、心変わりしやすい傾向があることや、ゴールドリングにおいてほぼ外国人的な扱いであるため、一部に偏見があったり信用が低いなどのややレイシズム的な風潮があることが理由。
タリクシアン・ストーカーエルタス人のカップルは完全に変態という扱いになり、好奇の目にさらされたりよくないウワサが広がったりする。これはタリクシアンは人種と動物の中間に位置しており、人権の前提も完全ではないため、獣姦にあたるという理由がある。

エルタス人の発情期に関して、ネヴリャン地方では季節が決まっており、北方サーガルでもある程度決まっている。しかし、ゴールドリングなどの都市部では特定の時期に発情するという習性は無くなっている。

言語や人名

文字は表現の上においては地球における日本語、英語、漢字、かな文字、ラテン文字に似たものが書かれているが、地球とは違い、タルにおける「文字」は普遍的なコミュニケーションツールというより、記録や分類などに使われる、より専門的な「道具」のようなものである。
これはエルタス人のコミュニケーションが鳴き声やしぐさを多用する獣に近いものであるということが関係している。

識字率は南部で30~40%、東部では専門職に就いている人が使っている。
一方、北部では元来ほとんど文字は使われていなかったが、シーグ統一後に東部と同じようになる。シーグ王朝中期になって経済が潤ってくると軍事教練のため、主に職人や研究者のための教育設備が整えられる。

当然ながら文字の読めない者もいるが、レオノシーグの旗のようなシンボルや象形文字は誰にでも分かるツールではある。

使用言語が全て統一しているのはタリクシアン・ルーターのみで、それ以外はみな地元の言葉を使うものと思われる。

個人の人名は日本人のように漢字とかな文字を組み合わせた氏+名の体系の他、英語圏の姓名のようなファーストネーム+ラストネームの組み合わせによる体系、名だけであり苗字が存在しないものなどがある。
サーガルは基本的に苗字の無い人が多いが、ある場合は主に英語圏のようなファーストネーム+ラストネームの体系(苗字のある人は東部や南部などのアグドナとの文化共有のある地域に多い)、ネウリアは漢字とかな文字を組み合わせた氏名の体系、タリクシアンは名だけで苗字が存在しないという体系であることが多い。成人のタリクシアン・ルーターであれば名の前に必ず「Dr.(ドクター)」が付く。

惑星タルの未来

史実上のストーリーでは、レイン将軍率いるシーグ王国によるタル全土に渡る侵略(詳しくはビロウス正史にて)が起こるが、シーグ王国崩壊後はいわゆる「グローバル化」のようなものが興って様々な地域に様々な人種が済むようになる。まず北部は、シーグ時代の研究者や職人達と、ゴールドリングレオノ地域からやってきた人たちが協力して復興を成し遂げ、シーグは「シーグ公国」としてゴールドリングに次ぐ規模の街に発展する。 またレオノは交易都市として存続する。

ページ一覧

ビロウスとは
ビロウスの二次創作や利用に関する規約
ビロウス公式スタッフ連絡先

ビロウス生物
ビロウス公式キャラクター
ビロウスの食物と料理
ビロウスの地理と文化
ビロウスの世界設定
ビロウス正史
ビロウス公式作品集
ビロウスグッズ

ビロウスファン創作wiki

Also on Fandom

Random Wiki