Fandom

Gold Ring

リベンク山脈

173pages on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.

1b7736acb814bb98039255fc26be5d46

リベンク山脈

リベンク山脈(Lyvank Mountains)とはタル北東、シーグの地からレオノの地にかけて存在する山脈。貴重な水源および高山植物帯にエルタス植生(緑色の植物)を有する。

正史でのリベンク山脈

レイン暦元年ごろ、ゴールドリングレオノは協力体制を強め、
タリクシアン植生の影響が少なく、かつ希少な水源を有するリベンク山脈を中心に探索活動を続けていた。
まだこの頃はタリクシアン植生の森深くへ入る技術はなかったものの、
水際で試行錯誤しながらエルタス植生の保護と拡大を目指していた。
少しでも可能性のあると思われる場所は試され尽くしたが、結果的にリベンク山脈だけが動植物の定着を許した。

リベンク山脈の高山植物はその後、レイン暦16年頃、勢力を拡大していたシーグ軍の影響を退けるため、
植生の維持管理に加えて多大な防衛的創意工夫と工作活動を余儀なくされていた。
ムトズズ砂漠とセケン平原近辺での紛争は実際のところ、リベンク山脈からシーグの目を逸らすための
壮大な自作自演であったということが近年になって明らかになっている。
しかしその抵抗も空しくレイン暦28年頃にはレオノ自体が新生シーグ王国の統治下に収められたため、
秘密にされていたリベンク山脈の高山植物帯も彼らの所有地となってしまう。
幸いな事にシーグはその当時、西方やゴールドリングなどへの遠征に気を向けていたため、
リベンク山脈と高山植物帯への大きな接触・損害は受けず終戦を迎えた。


ページ一覧

Thekan

ご案内

ビロウスとは
ビロウスの二次創作や利用に関する規約
ビロウス公式スタッフ連絡先

ビロウス生物
ビロウス公式キャラクター
ビロウスの食物と料理
ビロウスの地理と文化
ビロウスの世界設定
ビロウス正史
ビロウス公式作品集
ビロウスグッズ

ビロウスファン創作wiki

Also on Fandom

Random Wiki