Fandom

Official Wiki

エノカ

161pages on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

エノカ(Enoca)とは、ビロウス内に登場する異星人の種族。
登場作品も少なく、設定に関してもまだ詳しくは決まっていない。

新設定エノカ

CMin5-rVEAA76d0

エノカの一人である「タキ・アクル」。ニューロシグナル・トランスポーターなどの開発者で、「Jerryfish」は彼の開発した神経トランスポーターの一つ。かつて人間であった原種エルタス人が後の現生エルタス人(サーガルネウリアアグドナの三種の獣人種族)と化す以前から存在していた人物。その時代の原種エルタス人と何らかの関わりがある。 人工物の原型を有機体に変換する研究にタキの発明が使われたらしい。

エルタス人ともタリクシアとも違う種族であるという設定以外はほとんど定まっていない。
姿についてもまだ詳しく決まっていないが、タリクシアンのように不定形を基本にした種族だと思われる。
少なくとも一部は水棲生物を彷彿とさせる姿をしている可能性があり、右図のタキ・アクルはクラゲに似た姿をしている。(全てのエノカ族がタキのような姿をしているとは限らない)
何らかの形でタリクシアン系生物とは対になる存在。
まだ人間だった頃の原種エルタス人と同時に存在していた時代がある。

一部のエノカはエルタス人の姿を取って惑星タルに潜伏しており、数は少なく、それぞれ何らかの目的を持っている。


以下は暫定の設定。
惑星タルの住民と宇宙貿易を行っているが、取引をするのはタリクシアン・ルーターのみである。
ゴールドリングにもその一部がやってくることがあり、正式な職業と言うよりは趣味のようなものである。
サーガルなどのエルタス人はそのことを知らず、また異星人の存在も認知されていないため、エノカを目撃してもまさか異星人だとは思っていない。

旧設定エノカ

Toya

旧設定におけるエノカ族の例

水棲生物のような姿をしている。
人型であれば半魚人や人魚などのような姿で、動物型であれば尻尾が尾鰭のようになっているエノカなど、何らかの形で水棲生物を思わせる特徴を持っている。
深海に住む者、深海まではいかない深さの海に住む者、ビーチなど浅瀬に住む水陸両生の者といった3種類のエノカ族が存在する。
他の惑星タルの種族が接触や交流をするのは水陸両生のエノカ族のみである。

ビロウス星の沿岸で暮らす。
商品と情報共に扱う世界に名高い商人であり、
惑星タル内では他種族と最も多く接触・交流をする種族である。
一見彼らとはみな良好な関係であるように思えるが、彼らの誠実さと友好はそんなに深いものではない。
彼らが何かを望む時に重いお世辞をすることで知られる。
そして取引をする時には快適なファサードを提供する。
このため北方サーガルの一隊シーグ軍は彼らを同盟国と考えているが、
エノカ達は本心では全くそのようには思っていない。

関連ページ

Thekan

ご案内

ビロウスとは
ビロウスの二次創作や利用に関する規約
ビロウス公式スタッフ連絡先

ビロウス生物
ビロウス公式キャラクター
ビロウスの地理
ビロウスの世界設定
ビロウス正史
ビロウス公式作品集
ビロウスグッズ

ビロウスファン創作wiki

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.